MEC食では、肉・卵・チーズを中心に食べるもの。

そして、1口30回噛んで食べること(カムカム30)です。

では、ヨーグルトは食べてよいのか?という疑問を持っている人もいるみたいですね。

結果から言うと、ヨーグルトも食べて問題ないですよ!

MEC食では、食べてはいけないものはありません!

重要なのは、肉・卵・チーズをまずを食べることです。

ただし、ダイエット中なら食べる量には注意が必要では?と僕は考えています。

ということで、MEC食でヨーグルトを食べて良い理由を詳しくご紹介しますね。

MEC食でヨーグルトを食べても問題ない

MEC食の基本の考えは、肉200g、卵3個、チーズ120gを優先して食べることです。

そのため、食べてはいけないものはないんです。

ということは、ヨーグルトを食べても問題ないってことになります。

よく言われるのは、MEC食はプラスの考えです。

よく比較されるのは、糖質制限。

糖質制限は、糖質の多い食品(炭水化物・果物・糖質が多い野菜)を食べない、または控えるというマイナスの考え。

MEC食は、肉・卵・チーズを食べる、というプラスの考えです。

なので、肉・卵・チーズを食べた後ならヨーグルトも問題ないということになります。

MEC食でダイエットするなら注意が必要

食べてはいけないものがないMEC食ですが、ダイエットする場合は、注意が必要なようです。

というのは、糖質(乳糖)が含まれているためです。

<無糖ヨーグルト100gあたりの栄養素>

  • エネルギー:62kcal
  • たんぱく質:3.6g
  • 脂質:3.0g
  • 糖質:4.9g

100g程度であれば問題ないかもしれませんが、200g食べれば10g程度の糖質になってしまいます。

500gも食べれば25g程度です。

(これだけ食べられるかわかりませんが)

また、ヨーグルトは咀嚼(カムカム30)ができません。

ということは、ついつい食べすぎてしまう可能性もあります。

ただし、MEC食のルールは、肉・卵・チーズを優先して食べる。(+カムカム30)

これを実行すると、ヨーグルトをたくさん食べられる余裕がなくなるので、食べすぎることは難しいのでは?と思います。

チーズの代わりにヨーグルトは?

ちなみにですが。

同じ乳製品なのに、ヨーグルトではなくチーズを食べることにしているのか?

これは、糖質が低く栄養が豊富なためです。

前述でも触れたように、ヨーグルトは糖質(乳糖)が多く含まれています。牛乳も一緒。

でも、チーズは100gあたりで糖質1g程度です。

また、チーズは栄養が凝縮されているので、少量で栄養を摂取できます。

そして、カムカムもできます。

このような理由もあって、ヨーグルトではなくチーズを食べるようにしています。

MEC食ダイエットでヨーグルトについてまとめると

ということで、MEC食の場合、食べてはいけないものはないので、ヨーグルトもOKになっています。

ただし、まずは肉・卵・チーズを1口30回噛んで食べる。

それからヨーグルトを食べるなら、問題ないようです。

僕の場合、ヨーグルトが好きなので買うことがあります。

でも、MEC食+カムカム30をしているとヨーグルトを食べる隙間がなくて、食べる機会を失います。

なので、食べすぎることはメッタにありません。

参考にしてみてください!