ファミリーマートでは、ライザップとのコラボで様々な低糖質商品を販売していますね。

その中で気になるのが、低糖質カレー『チキンと4種の野菜カレー』。

市販のレトルトカレーって、小麦粉とか砂糖を使っているから、糖質量が多いんですよね。

だから、たまにはカレーが食べたいってなっても、「糖質が・・・。」となってしまう。

一から作るのも面倒だしね。

MEC食や糖質制限している人でも安心して食べられるのか?

ということで、ファミマのライザップコラボ商品『チキンと4種の野菜カレー』の栄養成分を調べてみましたよ!

ファミマの低糖質カレーの栄養成分

チキンと4種の野菜カレー1食分(170g)あたりの栄養

  • エネルギー:84kcal
  • たんぱく質:6.6g
  • 脂質:3.4g
  • 糖質:4.9g
  • 食物繊維:3.6g
  • 食塩相当量:2.3g

たんぱく質は6.6gとしっかり含まれていますし、糖質は4.9gなので、MEC食や糖質制限をしている人には許容範囲ではないでしょうか?

あまり気にしなくても良いですが、カロリーは1食で84kcalと通常のカレーよりも低いですね。

一般的には150〜200kcalありますよね。

ファミマの低糖質カレーの原材料

『チキンと4種の野菜カレー』の原材料は以下のようになってました。

野菜(玉ねぎ、赤ピーマン、枝豆、たけのこ)、鶏肉、トマトペースト、

チキンエキス、カレーパウダー、食塩、しょうがペースト、

牛脂豚脂混合油、香辛料、でんぷん、シトラス繊維、砂糖、

焙煎香辛料ペースト、ガーリックペースト、酵母エキス

調味料(アミノ酸など)、増粘剤(加工デンプン、キサンタンガム)、

甘味料(ステビア)、香料、(一部に小麦、大豆、鶏肉を含む)

コンビニに売っているレトルトカレーなので、増粘剤などの食品添加物が含まれているのは仕方ないですよね。

それが気になるなら、コンビニ商品全般は購入できません。

チキンにかければMEC食糖質制限向き

ライザップコラボカレー『チキンと4種の野菜カレー』が低糖質となっていたとしても、当然ご飯にかけて食べる訳にはいきませんよね。

それに、たんぱく質や脂質はちょっと少ない。

ということで、ファミマのサラダチキンに『チキンと4種の野菜カレー』とスライスチーズを乗せる!

これならMEC食向きご飯になりますね。

食事の準備が面倒なときには、この組み合わせも良いかも。

ファミマの低糖質カレーの栄養についてまとめると

ファミマで販売されているライザップコラボ商品『チキンと4種の野菜カレー』は、1食あたりの糖質が4.9gでMEC食をしている人にも食べられるレトルトカレーでした。

でも、これだけじゃ、たんぱく質・脂質が少ないのでサラダチキンとスライスチーズを合わせれば栄養バランスも良くなると思います!

MEC食や糖質制限やってる人も、ファミマで簡単ご飯ができますね。

スポンサーリンク