2018年5月31日放送の【主治医が見つかる診療所】では、『腸内環境を整える方法』が紹介されました。

その中のひとつが、ヨーグルト博士・齋藤忠夫先生が教える善玉菌を増やすヨーグルトの食べ方・保存法です。

ちょっとした工夫で、より善玉菌を増やすことが可能かもしれません。

今回は、主治医が見つかる診療所で紹介されたヨーグルトの食べ方・保存法をご紹介しますね。

齋藤忠夫さんについて

齋藤忠夫さんは、東北大学名誉教授の農学博士。そして日本酪農科学会の会長でもあります。

齋藤忠夫さんによると、腸内環境を良くする食べ物の中で一番優れているのがヨーグルト、とコメントしていました。

ヨーグルトを食べるだけで十分なダイエット効果が得られるとも考えているようです。

ご自身がヨーグルトを始めとした乳製品を食べて腸内環境を改善し、半年間で14kgのダイエットに成功しています。(84kg→70kg)

ヨーグルトが腸内環境に良い理由

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が悪玉菌を減少させて、腸内細菌のバランスを整えてくれるため。

その結果、便秘・下痢などを改善、ダイエット効果や美肌効果も期待できるといいます。

善玉菌を増やすヨーグルトの食べ方

ヨーグルトが腸に良いのはよく知られていますが、どのような食べ方がより効果的なのか?

齋藤忠夫さんによると、以下の4点について述べています。

  1. ヨーグルトの種類
  2. ヨーグルトを食べるタイミング
  3. ヨーグルトは常温で食べる
  4. 温かい食べ物にかける

ヨーグルトの種類はどれでも良い

ヨーグルトと言っても、種類が多くてどのヨーグルトが良いのか迷ってしまいますよね。

齋藤忠夫さんによると、どの種類でも良いとしています。

これは、どのヨーグルトにも乳酸菌がしっかり含まれているためです。

【参考】ヨーグルトの定義

厚生労働省では、発酵乳は1mlあたりの乳酸菌または酵母の数が1000万以上でなくてはならない、としています。

食べるタイミングは食後

食事でヨーグルトを食べるタイミングは、食後が良いようです。

食前の場合、胃酸が多いために乳酸菌がしんでしまうためです。そのため、食後は食べたものによって胃酸が薄くなっているため、乳酸菌が生きたまま腸に届きやすくなる、ということです。

ヨーグルトの保存は常温

常温(20℃以上)に置いて暖かくしたヨーグルトは、乳酸菌が増えるそうです。

冷蔵庫(4℃以下)に保存したヨーグルトは、乳酸菌はそのまま。

そのため、翌朝に食べるヨーグルトは、前日夜に冷蔵庫から出しておくことで、乳酸機が増えた状態で食べることができるそうです。

※衛生上、フタを開けていないヨーグルトが望ましいということです。

食べかけのものは、ラップなどでしっかり密封して雑菌が入らない状態にすることが必要です。

温かい食べ物にヨーグルトをかける

温かいものにヨーグルトをかけて”ホットヨーグルト”にすることで乳酸菌が活性化されるそうです。

その温度は40℃。50℃を超えてしまうと乳酸菌がしんでしまうので注意が必要です。

例)カレー、ハンバーグ、ミートソーススパゲティ