2018年5月28日放送の名医のTHE太鼓判で、『腸寿フローラを手に入れろSP』を放送。

便秘に悩む多くの芸能人の、便秘改善方法が紹介されました。

そのひとりが、渡部絵美さん。

渡部絵美さんが便秘になっている原因は、お肉の食べ過ぎと指摘していました。

毎日お肉を食べている僕としては、ちょっと疑問・・・。

今回は、名医のTHE太鼓判で紹介された渡部絵美さんの便秘改善方法と、僕が疑問に感じている理由をご紹介します。

渡部絵美さんの食事と腸内環境

お肉が大好きだという渡部絵美さん。

1度の食事で400gを食べてしまうほど。

これについて大竹真一郎医師は、

「お肉は腸内環境に非常に悪い食べ物。」

と指摘してます。

その理由は、腸内の悪玉菌の増やす原因になるためと言います。

腸内環境を整える肉・野菜の食べ方

お肉は週500g以内

便秘体質の人は、お肉の摂取量に気をつけたほうが良いと紹介されました。

その量は、週500g以内としています。

これは、大腸がんの予防のために、赤身肉の摂取量を週500g以内とアメリカで言われているためなんだそうです。

食物繊維は不溶性よりも水溶性

野菜に含まれる食物繊維。

この食物繊維には、不溶性・水溶性の2種類に分類されます。

  • 不溶性:水に溶けない性質。腸内をきれいに掃除してくれる。
  • 水溶性:水に溶ける性質、腸内の便を軟らかくしてくれる。

便がかたくて便秘になる傾向の人は、便を軟らかくしてくれる水溶性食物繊維で望ましいとのこと。

便秘対策に野菜を食べていると、不溶性食物繊維を多くとてしまいがち。

水溶性が多い野菜を選んだほうが良いようです。

例)サニーレタス:不溶性1.4g・水溶性0.6g

この他、オクラ、ゴボウ、アボカドが水溶性を多く含む食品。

納豆とオリーブオイル

大竹真一郎医師が勧めていたのが、納豆にオリーブオイルをかけたものです。

納豆1パックにオリーブオイルをスプーン1杯かけるだけ。

オリーブオイルには、腸を刺激して排便を促してくれるため、便秘解消が期待できるんだそうです。

食事改善後の排便

  1. お肉は週500g以内
  2. 水溶性食物繊維を摂る
  3. 納豆+オリーブオイルを食べる

これらを実行した結果、渡部絵美さんは、2日に1度は排便があるようになったそうです。

  • 1日目:☓
  • 2日目:☓
  • 3日目:☓
  • 4日目:○
  • 5日目:☓
  • 6日目:☓
  • 7日目:○
  • 8日目:☓
  • 9日目:○
  • 10日目:☓
  • 11日目:○
  • 12日目:☓
  • 13日目:○
  • 14日目:△

【個人の体験】お肉で便秘になったことはない

番組内では、お肉の食べ過ぎは腸内環境を悪化させると紹介されました。

しかし、MEC食をやっている人なら、お肉を食べて便秘になったという人は少ないと思います。

また、MEC食にしてから便の匂いがなくなった、とか。

僕自身もMEC食をやっていますが、お肉を食べたから便秘に・・・とはなった経験がないんです。

※MEC食・・・肉・卵・チーズを中心にした食事法

どちらを信じるか、ということになりますが・・・。

お肉と病気リスクについて、以前書いた以下の記事も合わせて読んでみてください。

肉を食べると病気になってヤバイ!っていう研究結果が出たから調べてみたよ