MEC食は、1日に肉200g・たまご3個・チーズ120gを食べることで、必要な栄養素のほとんどが摂取できると言われています。

唯一摂取できないのがビタミンC。そのため、肉・たまご・チーズに葉野菜を足すことを推奨しています。

でも、僕は斜に構えてしまう悪い性格なので、実際にどれくらいの栄養が摂れているのか調べてみました。

肉・たまご・チーズで栄養はどれくらいだ?

肉200g・たまご3個・チーズ120gでどれくらいの栄養が摂取することができるのか気になったので、調べてみました。

日本食品標準成分表2015年版(七訂)を元に計算した表が以下のようになります。

MEC栄養

肉はいろいろあるので、僕が好んで食べる豚肉バラ。

チーズも種類があるので、プロセスチーズにしました。

でも、これじゃ分かりにくいので、日本人の食事摂取基準(2015 年版)の必要量・推奨量と比較してみます。

※男性18〜49歳と比較してます。

MEC栄養比較

90%以上をカバーできている栄養素は青色、30%以下のものは赤色で表示してみました。

必須栄養素のたんぱく質は、MECの基準量で十分に満たせるみたいです。

その他、カルシウム・リン・亜鉛・セレン・ビタミンB12・ビオチンは90%以上をカバー。

足りていないのが、ビタミンC(2%)、ビタミンK、カリウム、マグネシウム、銅などです。

足りない分は他の食材から

日本人の食事摂取基準(2015 年版)を基準に考えると、肉200g・たまご3個・プロセスチーズ120gでは不足している栄養素がいくつかあります。

MEC食では、基準量よりも多く食べても良いとしています。それでも、不足してしまう栄養素もありますね。

ということで、MEC食で足りていない栄養素が含まれている食材を探してみました。

ビタミンC(可食部100gあたり)

  • 赤ピーマン(パプリカ):170mg
  • 黃ピーマン(パプリカ):150mg
  • パセリ:120mg
  • ピーマン:76mg
  • ゴーヤ:76mg

マグネシウム(可食部100mgあたり)

  • 豆味噌:130mg
  • ゆで大豆:110mg
  • あさり:100mg
  • 納豆:100mg
  • がんもどき:98mg
  • ビーフジャーキー:54mg
  • 鶏ささみ:31mg

カリウム(可食部100mgあたり)

  • パセリ:1000mg
  • 豆味噌:930mg
  • ビーフジャーキー:760mg
  • アボカド:720mg
  • ほうれん草:690mg
  • 納豆:660mg
  • 生ハム:470mg
  • 鶏ささみ:420mg

ビタミンK(可食部100mgあたり)

  • パセリ:850μg
  • しそ:690mg
  • モロヘイヤ:640mg
  • 納豆:600μg
  • ほうれん草:270μg
  • 鶏肉の皮:120μg

その他の食材の栄養素は以下のサイトがわかりやすいですよ。

簡単!栄養andカロリー計算

MEC食の栄養についてまとめると

MEC食の基準量(肉200g・たまご3個・チーズ120g)では、必要な栄養がほとんど摂取できるけど、いくつかの栄養素は、肉・たまご・チーズを増やしただけでは補えないものもありました。

ビタミンCについては、葉野菜を食べるように言われています。

でも、マグネシウム、カリウム、ビタミンKについては、あまり聞いたことがありません。

個人的な考えですが。

これらの栄養を摂取するために、豆類・魚介類・野菜も食べていいのでは?と考えます。

スポンサーリンク