MEC食のダイエット効果についてネットで調べると、様々なものが見られますね。

「MEC食をしてから太った。」

「MEC食を続けても痩せない。」

「脂肪をたっぷり摂ったら体脂肪が増えた。」

などなど・・・。

 

また、これらのような口コミから、

「やっぱりカロリー制限しないと痩せないんだ。」

「バランス良い食事が一番!」

「脂肪は余分に摂れば太るに決まっている!」

という声もあります。

本当にそうなのか?

MEC食で痩せない・太ってしまう理由を調べてみました。

痩せない・太ってしまうパターン

30回噛んで食べてない

MEC食というと肉・卵・チーズを中心に食べるものですが。

最も重要なのは、1口を粒ガム程度の大きさで30回噛んで食べること。(カムカム30)

MEC食考案の渡辺信幸医師は、「太る大きな原因は、早食い」と強調しています。

よく噛まないで食べる→早食い→太る

こういうことですね。

渡辺信幸医師にTwitterで「太ってしまった。」という質問には、ほとんど「カムカム30」としか答えません。笑

(Twitterで確認したけど見つからない。削除されてる?)

よく噛むことで、満腹中枢が刺激される、食事に時間がかかることで食べ過ぎ防止につながります。

また、噛むことで『幸せホルモン』とも呼ばれるセロトニンが分泌されて、精神的安定にもつながります。

筋肉が増える

MEC食を始めると筋肉量が増えるようです。

そのため、体重は変わらないけどカラダが引き締まったという経験者も多いです。

これが体重が減らない理由。

また、MEC食を始めて1〜2ヶ月目は体重が増えたけど、3ヶ月過ぎた頃から体重が減っていった。

という体験者の声もあります。

※もちろん個人差はあります。

これは、MEC食で筋肉は増えたけど、体脂肪はそのままの時期。

この時期が過ぎると体重も減っていくようです。

栄養不足(修復期間)

これまでにカロリー制限ダイエットや野菜中心のダイエットをしていた人も、MEC食を始めると太る人が多いようです。

栄養不足の時間が長いとカラダは飢餓状態になっているので、栄養を吸収し溜め込んでしまうようです。

※これをMEC食では修復期間と呼んでるみたい。

MEC食を続けて栄養が満たされていくと、体重も減っていくようです。

もちろん、これも個人差があるとのこと。

元々が痩せ気味・標準体重

元々痩せている人は、MEC食で太る。

また、標準体重の人は痩せない傾向にあるようです。

MEC食は、健康になるための食事法なので、標準体重になるためです。

炭水化物(糖質)を食べすぎている

MEC食では、食べてはいけないものはありません。

ただし、食べる順番があります。

  1. 肉・卵・チーズを優先的に食べる。
  2. それでも満足できなかった場合は、肉・卵・チーズを増やしてみる。
  3. それでも足りなければ炭水化物を食べる。

でも、これを間違って理解してしまっていて、炭水化物(糖質)を優先して食べて肉・卵・チーズは後回し。

また、砂糖たっぷりのお菓子を食べている、とか。

開始当初は、炭水化物や甘いものへの欲求が消えなくて、

炭水化物+肉・卵・チーズ+バター・ラード

この組み合わせで食べてしまうことも太ってしまう原因かも。

スポンサーリンク



たっぷり食べて良いを勘違い

これ、僕の体験談です。笑

MEC食のうたい文句に、「肉・卵・チーズをたっぷり食べて良い」ってあります。

MEC食をしっかり理解しないで、都合よく「たっぷり食べて良いんだ!」と解釈。

よく噛まないで食べる(カムカム30を実行しない)

必要以上に食べる!

他にも何か食べたい!

さらに食べる!

そして、体重増加。苦笑

カムカム30を大前提なら、満足いくまで食べても、必要以上に食べすぎることないんですよね。

太っている(太る)人間は、ダイエット方法を都合よく解釈する。(体験談)

脂肪が足りない

脂質が不足していることも、MEC食で痩せない原因になるようです。

「脂は太る。」というイメージで、脂身の少ないお肉(鶏のささみやむね肉)を選んでしまっていたり。

ラードやバターを摂取しないなど。

糖質を制限すると、エネルギーは脂肪酸を使ったケトン体から作られます。

そのため、脂肪を摂取することでカラダの脂肪を燃焼させることになるためです。

糖質が足りない

極端に糖質を制限している人に当てはまるようです。

これは、肝臓の働きに必要なブドウ糖が不足しているため。

対策には、果糖を摂取するか、たんぱく質を増やす必要があるようです。

詳しくは、福田世一医師のブログで確認してください。

MEC食と低T3症候群-MEC食ドクター福田世一 プチMEC食のススメ

MEC食で腸内環境悪化で痩せない?

『MEC食のような肉食は、便秘や腸内環境を悪化させるため、太りやすくなる。』

このような趣旨のサイトを見かけました。

これ、厳格なMEC食体験者なら経験していると思いますが・・・。

お肉をたっぷり食べても便秘になりません。

おならも臭くないんです。

僕も経験済みです。

福田世一医師のブログでは、糖質とたんぱく質を一緒に摂取することが問題としています。

タンパク質を糖質と同時に摂ると、タンパク質は一部、消化しきれずに大腸へ行いきます。
消化しきれなかったタンパク質のカスをウェルシュ菌が食べ、上記のように強烈なガスを生産します。
だから、肉や卵のタンパク質中心の食事だけなら、胃の胃酸やペプシンで消化されてしまい、大腸にタンパク質のカスがいかないため、おならや便は臭くならいのです。

食物線維を積極的に摂らなくても、糖質制限してMEC食をすると、おならや便が臭くならない! 腸内環境が良くります!

引用:MEC食ドクター福田世一 プチMEC食のススメ

また、腸のエネルギーになる短鎖脂肪酸を摂取することで、便秘は改善されるともしています。

詳細は以下で確認してください。

ダイエットしても痩せないのは腸内細菌のせい? 実はMEC食でダイエットできます-MEC食ドクター福田世一 プチMEC食のススメ

MEC食で太る・痩せない原因をまとめると

MEC食で太ってしまった・痩せない原因は、様々あるみたいです。

  • MEC食の基本がおろそかになってしまっている
  • MEC食を始めて3〜6ヶ月程度
  • すでに健康体重になっている

個人差があるので、原因を明らかにするのは難しいかもしれません。

不安な人は、MEC食に理解のあるクリニックに通ってみるのも良いかもしれません。

または、フェイスブックのMEC食グループに参加するなどして情報を集めるのも良いですね。

フェイスブックのグループについては、以下の記事で紹介してるので、参考にしてください。

MEC食3年の僕が参考にしてるTwitter・facebook・ブログを紹介します

スポンサーリンク