MEC食では、チーズを1日120gが基準量になっています。

とは言っても、チーズをたくさんの種類があります。

これまでチーズを食べる習慣がなかった人は、どれが良いのわからない

MEC食ではチーズの種類はなんでも良い

MEC食では、基本どんなチーズでも良いとしています。

チーズと言えば、プロセスチーズやナチュラルチーズがありますが、どちらでもOK。

プロセスチーズは、6Pチーズ、スライスチーズ、デザートチーズいずれもOK。

ナチュラルチーズには、カマンベール、チェダー、モッツァレラチーズなどありますが、なんでもOK。

種類よりも、1日120g食べることが重要としています。

デザートチーズには注意!

どんなチーズでもOKと言いましたが、ひとつだけ注意。

それは、デザートチーズの糖質量。

デザートチーズは、糖質は多めになっています。

例えば、Q.B.Bのチーズデザート バニラ6Pの栄養成分を見てみると。

<チーズデザート バニラ6P 1個(15g)あたりの栄養>

  • エネルギー:47kcal 
  • たんぱく質:1.0g 
  • 脂質:3.6g
  • 炭水化物:2.7g

出典:チーズデザート バニラ6P-Q・B・B

1個に糖質が2.7g含まれています。

※チーズには食物繊維が含まれていないので、炭水化物=糖質と考えて良い。

日本食品標準成分表2015年版(七訂)によると、プロセスチーズは100gあたり1.3g。

ということは、『チーズデザート バニラ6P』1個15gには、プロセスチーズ200g分の糖質が含まれていることになります。

6個食べれば、糖質16.2gになります。デザートチーズを食べる時は、糖質量に注意しましょう。

腎疾患の人はナチュラルチーズ

健康に問題のない人は、どのチーズでも問題ないようですが。

腎臓に問題のある人は、リンが含有量が少ないナチュラルチーズが良いようです。

これは、チーズに含まれているリンは腎臓から排泄されるためのようです。

これについては、素人が書くものでもないので、以下の記事を参考にしてください。

透析患者さん以外は、リンは問題になりません。-MEC食ドクター福田世一 プチMEC食のススメ

個人的におすすめのチーズは?

「MEC食を3年やっていて、おすすめのチーズは?」

と聞かれたら、こう答えると思います。

 

「人それぞれの好みがあるので、おすすめはありません。」

 

MEC食をやっている人のブログを拝見すると、好みはバラバラ、食べ方もバラバラなんですよ。

これって、いろんなものを食べてみて、好みのものを見つけるしかないと思います。

 

僕は、チーズが大好きなんですが、それでもおいしく食べられないものもあります。

カマンベールチーズは、柔らかすぎて食べた気がしないし。

ブルーチーズは匂いが苦手。

料理にチーズを使ってしまうと、これまた食べた気がしないので、滅多にやりません。

まずいチーズに当たってしまった時、処分のために、たまご焼きやお肉に乗せて食べることはあります。

 

普段は、プロセスチーズとナチュラルチーズを半々くらいで食べていますが、どちらも味・食感がしっかりしているものを食べています。

また、料理に加えずそのまま食べることが多いです。

栄養のことはあまり気にせず、おいしく食べられるものを探してみるのが良いのでは?

MEC食初心者はプロセスチーズからで良いかも

プロセスチーズは、ナチュラルチーズに比べて低価格で購入できます。

そのため、MEC食初心者さんはプロセスチーズから入ってみて良いと思います。

6Pチーズなら200〜250円くらいで購入できると思います。

そこから、こだわりが出てきたら、ナチュラルチーズに範囲を広げて好みのものを探してみてはどうでしょうか?

MEC食のおすすめのチーズの種類についてまとめ

MEC食では、健康に問題ない人なら、どのようなチーズでもOKとしています。

大事なのは、1日120g食べること。

チーズの種類で栄養成分に違いはありますが、まずはおいしく食べられるチーズを見つけることが良いと思いますよ。

スポンサーリンク