MEC食の正しい知識を得るために、MEC食関連の書籍を読むことは必須だと思います。

でも、それだけじゃ埋められない部分があります。

そんな時は、Twitter・facebook・ブログなどSNSの情報も参考にしています。

ということで、僕がMEC食をしている中で参考にしているSNSを紹介しますね。

MEC食関連のTwitter

渡辺信幸医師

https://twitter.com/kamukamunabe30

当然ですが。笑

Twitterでは、渡辺先生の食事内容の公開していたり、講演会やテレビ放送の情報などがアップされているので、チェックしています。

また、渡辺先生のツイートを読んでいるだけでも、MEC食の理解も深められる、と思っています。

MEC食

https://twitter.com/atmeckk30

MEC食公式サイトのTwitterアカウントです。

常に更新されているわけではないので、いつも確認しているわけではありませんが。

福田世一医師

https://twitter.com/fseiichizb4

千葉市・小倉台福田医院の院長である福田世一先生のアカウントです。MEC食を指導されています。

吉岡秀樹

https://twitter.com/Breath_Design

歯科医院「ブレス・デザイン デンタルオフィス」の院長・吉岡秀樹さんのTwitterです。

歯科医師の立場からのMEC食の有効性について、勉強になります。

吉岡秀樹さんの電子書籍「くびれるレシピ・7つのルール」はダイエットしている人に参考になると思います。

電子書籍「くびれるレシピ・7つのルール」-Amazon

くびれるレシピ(くびれしぴ)のTwitterも参考になります。

https://twitter.com/kubirecipe

ダイエット総選挙メンバー

2017年5月に放送された『ダイエット総選挙2017夏の陣』。

この番組では、肉食やせチームとして女性3人がMEC食でダイエットに挑戦しています。

放送終了後も、女性たちのTwitterアカウントでダイエットの様子が確認できます。

参考、というより刺激をもらえますね。

餅田コシヒカリさん(松竹芸能のカトパン)

https://twitter.com/m_koshiikari

紺野栞さん(グラビアアイドル)

https://twitter.com/shiooo1023

吉村真麻さん(2ヶ月で18キロ減量に成功)

https://twitter.com/ma_ma_martha

MEC食関連のfacebook

渡辺信幸医師

https://www.facebook.com/kamukamunabe30

グループ

MEC食を実践している人から生の情報をもらえるので参考にしています。

この他にも、各地域限定のグループのあるので、facebookを利用している人は参加申請してみるのも良いかも。

渡辺信幸MEC&KK30(グループ)

https://www.facebook.com/groups/meckk30/

MEC食[料理・レシピ](グループ)

https://www.facebook.com/groups/962470193775184/

あんだかし専門店龍華

https://www.facebook.com/ryuka.anndakashi/

MEC食実践者ご用達?のあんだかしー専門店「龍華」。

あんだかしー使ったレシピなど情報が確認できます。

國場麻梨江さん

https://www.facebook.com/marie.kokuba

あんだかし専門店龍華の國場麻梨江さんのアカウントです。

あんだかしー情報はもちろん、MEC食の情報も確認できますよ。

MEC食関連のブログ

MEC食ドクター福田世一 プチMEC食のススメ

http://seiichizb4.blog.fc2.com/

Twitterでもご紹介した福田世一のブログです。

MEC食がカラダに良くない、不安と思われている人は、読んでみてほしいブログです。

肉・卵・チーズ

http://minoruooyg.blog.fc2.com/

ミノルさんのブログです。2014年から続いているブログで、参考になる情報が掲載されています。

ドクター江部の糖尿病徒然日記

http://koujiebe.blog95.fc2.com/

糖質制限の第一人者・江部康二医師のブログです。

主に糖尿病に関連した内容になっていますが、間接的にMEC食の理解につながっていると思っています。

MEC食関連のSNSについてまとめると

参考にしているTwitter・facebook・ブログを紹介しましたが、想像したより多くなってしまいました。

どのSNSも参考になりますが、常にすべてを確認しているわけではありません。

暇ができた時に、ちょっと覗いてみるというのがほとんどです。

自分にぴったりな情報先をみつけてもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク